松あきら議員が熱く語る

全国がん対策委員会に松あきら議員が参加し、熱く語りました。以前より子宮頸がんの検診と予防ワクチンの普及に努めていました。今回は法案が吊るされおり、早く国会で審議してほしいと訴えていました。子宮頸がん予防措置の実施の推進に関する法律案です。
コメント:0

続きを読むread more

日本婦人科がん検診学会のシンポジウムで座長11月19日(東京)

「子宮がん検診の受診率向上をめざして」のシンポジウムで座長をしました。各地で活躍している検診に関わる先生方と、日本の低迷する受診率をいかに改善するかを、発表してもらい、熱く議論しました。11月19日9:00~ベルサール飯田橋駅前で行われました。
コメント:0

続きを読むread more

白百合大学にて講演11月17日

槇石教授の御高配で今年も健康教育の一環として、講演しました。今年は、放射線被曝時の予防、ダイエットとタバコ、性感染症、HPV感染と子宮頸がんの予防について、1時間話をしました。○×のアンケートでは、6%くらいの学生がHPV予防ワクチンを受けていました。昨年より少しずつふえており、来年が楽しみです。また、乳がんの自己触診の話は対がん協会の…
コメント:0

続きを読むread more

おざわ女性総合クリニック2012年2月open予定

小澤信義医師(現医療センター産婦人科部長、元NTT東北病院副院長)は平成24年2月より、(旧)佐藤産婦人科(荒町)を継承し、(新)おざわ女性総合クリニックで診療を行う予定です。 今後も仙台医療センターでの診療も行う予定ですので、おざわ女性総合クリニックでの診療曜日や時間に関してはホームページや電話などでご確認お願いします。 (旧…
コメント:0

続きを読むread more

日本乳癌検診学会10月21日岡山

園尾会長のもとで岡山で学会が開催されました。乳癌検診に関わる人たちが年1回集まる学会です。近くに後楽園があり、会長の案内で散策しました。遠藤登紀子先生ら重要メンバーが集まりました。来月から大学めぐりです。11月16日白百合大学、28日東北福祉大学、12月12日宮城学院大学、14日宮城大学、21日東北大学保健学科・・で健康教育講演を行う予…
コメント:0

続きを読むread more

青森市医師会にて講演9月29日

新幹線にて新青森着。小児科医や内科医そして産婦人科医が多数参加していました。おもに、2価ワクチンと4価ワクチンの違いと予防ワクチンの今後の展望について話しました。
コメント:0

続きを読むread more

富谷町健幸セミナーにて講演9月17日

若生町長の挨拶ではじまりました。富谷町は人口が増え続け、もうすぐ3万人に達し、市になりそうだとのことでした。女性の健康に関する話題を1時間話しました。更年期の過ごし方やがんの予防について話ました。聖和学園のチィアリーディングチームがエールを送っていました。当日と翌日にかけて、Relay for lifeが同じ会場で開催されていました。た…
コメント:0

続きを読むread more

宮城県内の小児科医師へ講演20110914

HPV予防ワクチンが2種類になり、小児科医師約70名へ1時間講演しました。その後たくさんの質問をいただきました。サーバリックスとガーダシルをどう使って行くか、皆さん関心を持たれていました。
コメント:0

続きを読むread more

FM太白78.9MHzに出演

8月25日(木)22:30から30分間、FM太白ラジオ78.9MHZに出演します。永澤学人パーソナリtィーのone & onlyという番組です。大震災のショックも少し改善してきたので、活動を再開しようかと思っています。
コメント:0

続きを読むread more

石巻は水浸し

大震災3日後の石巻市中里は水浸しでした。息子を探し回って、やっと避難所で再会できました。行方不明の皆様が多数生存していらっしゃることをお祈りいたします。
コメント:0

続きを読むread more

大震災

3月11日の大震災で病院も打撃を受けましたが、直後から帝王切開なども行い、多数の赤ちゃんが医療センターで生まれています。何とか乗り切りたいと考えています。石巻日赤病院ぼ戦場のようでした。
コメント:1

続きを読むread more

女川町で講演1月20日

女川町の本田さん、保健師の佐藤さんの熱意で、約85名の保護者の方が集まってくれました。ワクチン対象者が約200名の町で、多数のお母さん方が集まってくれて、熱心に聞いてくれて、いろいろ質問もありました。ワクチンの接種率が女川町では非常に高くなると思います。町のスタッフと町民が一体になっていました。活気のある町です。
コメント:0

続きを読むread more

税制改正

少子化白書より。30歳女性の約50%以上は結婚していない。男性の未婚率の増加は、少子化に直結する。結婚をうながすためには、男性の若者の就職、収入の確保が必要である。若者の就職を確保するためにも、企業の法人税の約5%の減税は、企業の海外転出を防ぐ第1歩である。また、相続税の増税と贈与税の若干の緩和は、若者への生前贈与を促す可能性がある。高…
コメント:0

続きを読むread more

人口の波

「景気の波」は「人口の波」の影響をうける。藻谷浩介氏の意見は説得力がある。生産人口がどんどん減少している。就職難、収入減から若い男性の未婚率が増加している。首相が毎年変わっても、人口減少の波が変わらない限り、根本的には劇的な改善はない。日本国内の消費は減少し、デフレは改善しない。若い男性には、大企業にこだわらず、世界に挑戦する勇気をもっ…
コメント:0

続きを読むread more

厚生労働省研究班会議(東京、国立がんセンター)

12月20日、渋谷班の会議があり、私は、無料クーポン券と女子大学での啓発活動に関する報告をしました。斎藤先生や濱島先生や渋谷先生らで約4時間の議論がありました。厚労省のワクチンに関する指針です。ワクチンと検診の普及には啓発活動が重要になります。
コメント:0

続きを読むread more

本格的にHPV予防ワクチン接種開始

3月までに県内の70%の市町村でワクチン接種が開始されます。対象年齢は中学1年~高校1年です。登米市では中学1年~高校3年まで対象にするようです。来年度はほぼ100%の市町村で開始されます。ただし、集団接種でないので、接種率は開始当初は低いことが予想されます。保護者への啓発が重要になりそうです。1月2日の仙台市2番町通り、舟形山、泉ケ岳…
コメント:0

続きを読むread more

女性ジャーナリスト会議(東京)

12月22日東京コンファレンスで女子大学生への啓発活動について講演。私のほかには、英国人のシャロン・スタンレイさん、岩成治先生、今野良先生等です。女性ジャーナリストが集まり、時間を延長しての熱心なディスカッションがありました。
コメント:0

続きを読むread more