日帰り円錐切除の実際

200名以上の日帰り円錐切除を行ってきました。ほとんどの患者さんは15~20分の局所麻酔で手術が終了しています。料金は約1万3000円です。当院ではLEEP法で行い、できるだけ浅く切除し、広く焼灼しています。再発率を減らし、妊娠出産への影響をできるだけ少なくするためです。術後1カ月半でほとんど新しい細胞に置き換わります。 ------…
コメント:0

続きを読むread more

日帰り円錐切除術後のアンケートでは、ほとんど痛みなしです。

ほとんどのひとは痛みなく終了しています。手術時間は約15~20分です。車で来院して、術後すく帰宅できます。術後の最初の月経での出血がやや多くなることがありますが、2回目以降の月経は通常量になります。水様性の帯下が約1カ月増えますが、しだいに減少します。セックスは約1カ月半控えていただきます。
コメント:0

続きを読むread more

最後の無料クーポン配布です。子宮がん検診を受けましょう。

仙台市では子宮がん検診未受診へ12万枚無料クーポン券を送りました。ぜひ、今年は利用して、検診を受けましょう。6月8日東京にて全国がん対策担当者連絡会があり、厚生労働省がん対策推進課長椎葉先生の講演の後に私が追加発言として宮城県の受診率向上対策について話しました。多数の方が集まり、活発な会でした。未受診者へのクーポン配布は今年度限りですの…
コメント:0

続きを読むread more

講師としてMMG読影講習会に参加(1月18,19日)

マンモグラフィ精度管理中央委員会・産婦人科医会共催のMMG読影講習会が東京で開催されました。乳腺外科の大貫先生をチーフとする講習会で、私は腫瘤2の講師を担当しました。全国から集まった先生方はまる2日間勉強し、最後に試験があり、ごくろうさまでした。大村先生、関根先生、鎌田先生、平野先生、寺本先生御苦労様でした。
コメント:0

続きを読むread more

新年明けましておめでとうございます

2014年1月1日は穏やかな日でした。 医療センターで取り上げた2人の孫も3歳と2歳になります。 孫と新年を迎えられることは、ありがたいことです。 またクリニックをご利用の皆々様方にも、 今年が良い年でありますようにお祈りいたします。
コメント:0

続きを読むread more

12月21日東北福祉大学にて講演

沢山の学生があつまり、熱心に聞いてくれました。対がん協会の保健師からの乳癌の自己触診法の説明のあと、乳がんや子宮がんやダイエットについて話をしました。
コメント:0

続きを読むread more

12月19日宮城学院女子大学で講演

斎藤教授のおかげで、沢山の学生が集まってくれました。健康教育としてダイエットのことからHPV感染のことまで1時間話をしました。リボンムーブメント宮城からも追加発言をしてもらいました。個別にもいろいろ相談がありました。
コメント:0

続きを読むread more

日帰り円錐切除手術(LEEP法)について

日帰り円錐切除手術(LEEP法)を受けられる方へ 当院では、子宮頸部異成や上皮内がんに対して、日帰り円錐切除術を行っています。 日本の総合病院では、外来診療が多忙なため、一般的には入院治療となっています。 一方、米国などでは、外来クリニックでの日帰り手術が一般的です。 当院では、予約制で午前の外来終了後12:30頃から日帰り…
コメント:0

続きを読むread more

産婦人科乳癌学会開催(6月15日)

仙台市医師会館にて産婦人科乳癌学会東北支部学術集会(学会長小澤信義)を開催しました。東北大学乳腺外科講師鈴木昭彦先生と仙台医療センター乳腺外科渡辺隆紀先生に特別講演をお願いしました。
コメント:0

続きを読むread more

子宮頸がん検診研修会で講演3月23日

宮城県内の産婦人科の先生方に集まっていただき、子宮頸がん検診の新しい検診方式について講演しました。子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウィルスの検査を併用する方式です。先生方にたくさん集まっていただき、また熱心な質疑応答がありました。
コメント:0

続きを読むread more

日帰り円錐切除

当院で日帰り円錐切除術を経験した人からの御意見や感想です。(無記名アンケートの原文より) Aさん 想像していたよりも、痛みもなく出血も少なく、こんなに簡単に、あっという間におわるのかとびっくりしました。日帰りでできるのは、とてもすばらしいことだと思います。 Bさん 意識のある中での手術なので若干の恐怖がありました。入院することな…
コメント:0

続きを読むread more

尚絅大学にて講演

12月20日尚絅大学で健康教育として、1時間話しました。教室いっぱいの学生が熱心に聞いてくれました。終わってからも個別にいろいろ相談を受けました。
コメント:0

続きを読むread more

宮城学院女子大学にて講演

12月13日宮城学院で1時間講演しました。県からの委託で健康教育に関する話で県からの委託です。200名を超える学生が集まってくれました。斎藤淑子教授の御協力のお陰です。
コメント:0

続きを読むread more

診療時間

月・火・水・木・金・土診療しています。日・祝・第2金は休診です。また、木・金・土は午前のみ診療となります。金の午後は医療センターで診療しています。

続きを読むread more

新年明けましておめでとうございます

謹賀新年 昨年中は大変お世話になりました。 昨年2月に開業しましたが、 沢山の患者さまに来院していただき 誠にありがとうございます。 仙台医療センターの外来診療は金曜の午後に行っていますが 、いずれはクリニックの診療を中心に行って行く予定です。 今後ともよろしくお願いいたします。
コメント:0

続きを読むread more

暮らしフォーラムで講演6月6日

6月6日ホテル江陽にてUIゼンセン同盟宮城県支部の依頼で暮らしフォーラムで講演。ゼンセンとは全国繊維協会が由来で、いまは流通関連の協会など多数の業界の労働者のための協会と伺いました。今回は働く女性の健康管理のための話との依頼があり、女性特有の病気の予防と健康管理 ー特に更年期の過ごし方とがん予防ーについて話しました。各職場のリーダー核に…
コメント:0

続きを読むread more

日本臨床細胞学会で座長、液状検体化細胞診(LBC)の普及へ

千葉で行われた臨床細胞学会でセミナーの座長を担当しました。米国では細胞診の95%が液状検体化細胞診(LBC)ですが、日本では約10%程度です。LBCの方が、検体不適正率が低く、残り検体でHPV検査も同時に行うことができます。検査のコストが問題で日本ではあまり普及していません。細胞診検体が不適正判定になると、患者さんは再検査のためにまた診…
コメント:0

続きを読むread more