アビガンは発症6日までに投与?

アビガンは新型インフルエンザ対策として現在約70万人分備蓄されていて、早期に200万人分準備するとのことである。武漢での報告によれば、主な副作用は高尿酸血症で13.8%にみられた。基礎疾患の無い群では、臨床的な回復率は71.4%であった。SARS感染動物に5日目にアビガン投与すると全員生存し、7日目に投与すると全員死亡したという報告もあ…
コメント:0

続きを読むread more

アビガンは早期投与で効果がある?

アビガンはグアノシンの材料であるAICARと類似した構造であり、RNAウィルスが複製するときにアビガンを取り込むと複製がストップする。致死性インフルエンザ感染動物にアビガンを投与すると全マウスが生存している。深圳での報告では、アビガン投与で胸部画像の改善率は91.4%でカレトラ群は62.2%であった。白木先生は、発症6日までに、アビガン…
コメント:0

続きを読むread more

BCG日本株が生菌量が多く免疫力を高める?

BCGワクチンの生菌数は日本株で20-50(x100万/ml)です。ソ連株は10-30(x100万/ml)です。 ヨーロッパで使われていたBCGの亜株のデンマーク株等は1-3(x100万/ml)です。日本株やソ連株は生菌数が多いことになります。 日本では、ハンコ型9針での接種をしています。皮膚にワクチンをたらしハンコ状の9針で2か所…
コメント:0

続きを読むread more

スペインとイタリアの高い死亡率とロシアや日本の低い死亡率

4月10日時点では、BCGワクチン接種国の日本とロシアの死亡者数が10万人当たり0.07人と低い状態です。一方で、BCGワクチンを接種していないスペインの死亡者数(対10万人)は35.38人でイタリアの死病者数は30.25人と高い状態です。BCGワクチンの接種をしていない米国の死亡者数は10万人あたり5.04ですが、今後急増が考えられま…
コメント:0

続きを読むread more