今必要なこと「PCR検査拡大と早期のアビガン投与」

藤田医科大学の土井洋平教授の報告によれば、アビガンを投与された300人のうち、軽症と中等症の患者では約9割が2週間後に改善した。また人工呼吸器が必要な重症患者では6割が2週間後に改善した。高尿酸血症や肝機能障害などの副作用はあるが、投与の中止になるほどではない。催奇形性の問題があり妊婦へは投与はできない。
今必要なことは、早期発見、早期隔離です。医師が必要と判断した患者さんは、新設するPCRセンターや発熱外来や診療所ですぐ検査し、民間検査施設でも検査する。保健所と衛生研究所の負担を減らす。
そしてPCR陽性者の中で、特にリスクの高い基礎疾患がある患者や50歳以上患者には、早期にアビガンを投与する。
死亡率が下がれば、国民も安心すると思います。
アビガンはフジフィルムが増産を開始しています。
アビガン写真2.jpg

この記事へのコメント